青年海外協力隊隊員としてパナマで活動する作業療法士の日記です。


by hiroichi5742
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

seminario de RBC

今週は、任地ダビからバスで5時間程離れたペノノメという町で、他のボランティアと共にセミナーの手伝いをしてきました。
今回のテーマはrehabilitación basada en la comunidad。
英語では Community-Based Rehabilitation (=CBR)と呼ばます。

CBRの定義は以下の通り。
「地域資源を用いて、地域レベルで行うリハビリテーション活動で、障害者とその家族を含む、地域全体が参加して行われる方法である」
(WHO、1976)    

CBRには色々な形があります。
なので、何が正解というものは無いと思いますが、自分の所属省庁でも昨年度までCBRと名の付く活動を行っていました。
田舎の地域に行って、1週間かけて安価な材料で椅子やベッドを作成して、配るというもの。
現場からは、不満の声もあったり新たなCBRプロジェクトの計画が提出されたこともあり、今年からはより地域に密着した形(物品重視では無くコミュニティ重視)に変更していく方針になりました。

その一歩として、今回のセミナーです。
1週間掛けて行われ、前半2日間は所属先の理学療法士長・作業療法士長からCBRについての説明・講義・活動計画立案等が行われました。
活動計画立案では、しっかりと新たなプランを立てる人、これまでの形式に拘ってしまう人等様々でしたが、皆それぞれしっかち意見を出し合っていました。
パナマの各県から理学・作業療法士、ソーシャルワーカー等が参加していたので各地の取り組みを知れてボランティア側もとても勉強になりました。

後半3日間は、JICAボランティア(理学・作業療法士)による子供の発達を促す為の玩具や姿勢保持の為のクッション等の講義と作成実習。
パナマのセラピストは、玩具を自作したり分析したりすることが非常に少ないのです。
そのため、子供に適切でなかったり、子供が楽しめない物を提供してしまうことが多々あります。
また、姿勢もバリエーションが少なかったり、適切にポジショニングされていないことがほとんどです。CBRの対象になるような地域(田舎)は、よりそういった傾向が強いのです。
今回の実習で、どれほどそういった部分に視点が向けられるようになったのかは分かりませんが、少しでも変化があればいいなと思います。

我がチリキ県から参加した同僚セラピスト達と。
d0153794_0532251.jpg

by hiroichi5742 | 2012-04-29 01:47 | パナマ生活~リハビリ