青年海外協力隊隊員としてパナマで活動する作業療法士の日記です。


by hiroichi5742
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

セミナーでした。

といっても早くも下旬ですが。

今月どんな感じで過ごしていたかといいますと・・・

1週目:所属先のセミナーに参加。
    配属先の特別養護庁では、毎年2月に各支部で1週間に渡るセミ
    ナーが開かれます。
    職員は自分の受講したい講座を選んで受講します。
    俺は当初、音楽療法のセミナ-に参加する予定が諸事情により『手
    話セミナー』に参加。
    実際に聾唖の方(所属先の同僚)が教えてくれるので本格的。
    かなりの単語数を覚えましたが、日本で使え無いのが少し残念!
     

2週目:週末2日間で同期隊員の配属先(子供のリハビリセンターのよう
     な所)で、セミナーをしてきました。
     同期の作業療法士隊員、俺と同じ特別養護庁配属で別の町で
     活動している隊員の3人で。
     俺はモビライゼ―ションの行い方を中心に伝達してきました。
     なぜこのテーマかと言えば、パナマの作業療法士は日本と比べ
     極端に対象者の身体に触れる機会が少ないので。また、いきな
     り子どもの四肢を動かすことがほとんどで、運動の準備を始める
     前に身体を動かしやすい状態にしようという意識も弱いのです。
     この職場の職員さんは、非常に勉強意欲が高く、臨床を想定し
     たような質問もあり、伝える自分達も非常に刺激を受けました。

実技の前の講義中。
なぜモビライゼ―ションが必要なのかとか身体の準備について説明中。
d0153794_8415544.jpg


あれっ?何話してたっけ?
スライド見て確認中!
d0153794_8451062.jpg


実技。実際に受けて、行ってしっかりと覚えて貰います。
d0153794_846502.jpg


2日目は症例検討なんかもあり、発達領域で経験豊富な他の隊員アプロ
ーチに自分もしっかり勉強させて頂きました!

そして、3週目である今週はカルナバル(カーニバル)シーズンです。
今年も有名な町に行ってきたのでそれは次回の更新で!!
by hiroichi5742 | 2012-02-22 09:11 | パナマ生活~リハビリ