青年海外協力隊隊員としてパナマで活動する作業療法士の日記です。


by hiroichi5742
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

国が変われば

物の使い方も変わる!!

パナマで生活していると結構感じる。

例えば日本人のテーブルマナーでは、右手でナイフ・左手でフォーク。
(たぶんヨーロッパとかもそうだっけ?)
でも、パナマでは結構多くの人が右手でフォーク・左手でナイフを使っている。

多分理由は、米の違いだろう勝手に解釈している。
パナマの米は水分が少ない上、少量の油と共に炊かれているので米はパラパラ。
だから、日本の様に米をフォークの背に乗せて口まで運ぶ何てことは到底無理な状態。

パナマの米を食べるには、フォークで『すくう』作業が必要。
そのためより使いやすい右手でフォークを使っているように感じる(右利きの人はね)。

パナマではきちんとテーブルマナーを学ぶ機会も少なそうなので、その影響も大きそうだけど。

そして、もう一つが鉛筆。
日本人も色んな持ち方する人居るけど、この持ち方はさすがにあんまりいないのでは?
d0153794_9161678.jpg


パナマに来る前に読んだ文献で写真だけ見たことあったけど、パナマではこの持ち方チラホラ見かけます。
もちろん大人の人でも。

その他にも細かい点で色々違いが有って、こういう部分に気づいた時に外国で生活しているんだな~と改めて感じます!
by hiroichi5742 | 2011-08-16 10:03 | パナマ生活~日常